安定した経営のために|airbnbの運用代行なら手間をかけずに収入が得られる

airbnbの運用代行なら手間をかけずに収入が得られる

お金とメンズ

安定した経営のために

背広の人

空室に備える

マンション経営などで問題となるのは、貸したい部屋が空室になることです。部屋のローンを家賃で返済しているケースですと、空室の影響は大きいです。そんな状況になっても、家賃保証の契約をしておけば、家賃収入は保証されます。不動産投資を始めたばかりで、所有する物件の数が少ない場合には、その影響を他の部屋の家賃でカバーすることもできません。そのような方は家賃保証を契約しておくことで、部屋が空き室になっても、慌てずに対処できるため安心です。家賃保証には、いくつかの種類がありますので、状況に応じて最適な契約を選択する必要があります。賃貸物件の経営に興味を持たれているなら、家賃保証について詳細を確認しておきましょう。

不利な契約をさける

家賃保証には、「サブリース」と「空室保証」の2種類があります。サブリースは一括借上げとも呼ばれ、一棟全体を保証会社が借上げるシステムです。それにより、家賃は保証会社がオーナーにまとめて支払います。空室保証は、保証会社に毎月保証料を支払っておくことで、空室になった場合に家賃が保証されます。サブリースには賃貸管理も含まれているため、オーナーは何もしなくても良いというメリットがあります。ただし、約2年毎に契約が更新され、家賃が値下げされることや、部屋の原状回復やリフォームなどの費用を、オーナーが負担することを考慮しておく必要があります。これらは、物件の利回りに影響しますので、事前に十分に検討してから契約しましょう。